我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

与論島のお父さん、お母さん、いつまでもお元気で!。私を産み育ててくれてありがとう!

郷里与論島を離れて住む出身者が郷里に帰省する目的の一つは、島で暮らす親や兄弟姉妹など家族が元気で暮らしているかどうかその様子を見ることでしょう。
私は現在東京に住んでいますが、私の帰省の最大の目的はそれに尽きます。
私の両親は齢86歳と高齢なので、健康状態は常に気にかけています。

昨年12月30日から今年の1月3日まで帰省した際に会った両親は元気でした。
元気といっても、父の耳はますます遠くなり、母は歩くのも不自由な感じではありました。
ただ、それも年相応なのかもしれません。
父は今だ現役仕事人で、毎日休まず野良仕事をしたり、魚を獲りに海へ漁に出掛けているようで、息子ながら我が父のエネルギッシュな行動力には感心するばかりです。

今はひたすら、私を産んで育ててくれた父と母に感謝し、ただただ、「与論島のお父さん、お母さん、いつまでもお元気で!」と心の中で叫び、祈るばかりです。
サトウキビ収獲の一番忙しい時期に、実家にいて力になれなくてゴメンナサイ。

<牛の餌の草刈りに精を出す父>
e0032991_703638.jpg


<椅子に座って家族を見守る母>
e0032991_705233.jpg

[PR]

by yoronto | 2013-01-10 07:08 | 私の実家
<< 与論島の活性化には、「考えて→... “名も知らぬ遠き島より流れ寄る... >>