我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


【与論島再生のアイデア(57)】ガーデニングコンテストを開催してはどうか

<与論島の実家の庭>
e0032991_9461048.jpg

e0032991_9463072.jpg

伝統と格式を重んじるイギリスで開催されるイギリス最大の花とガーデンの祭典『チェルシーフラワーショー』において、何年も金賞を受賞し世界から注目されている日本人がいます。
その人の名は、石原和幸
世界一の庭師と呼ばれ、彼の作品はイギリスのエリザベス女王からも賞賛されたとか。
こういう日本人がいることを日本の誇りだと思うと同時に、世界の人々から賞賛されるほどの日本人の美意識はすごいなとつくづく思います。
きっと、日本人のこの美意識は、四季があって季節ごとに美しい自然を堪能できる日本の国土だからこそ培われてきたものかもしれません。

美しい自然といえば、郷里「与論島」には、『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』にも取り上げられるほどの美しい自然があります。
この島の素晴らしさは、島民も島外から来た人も認めるところです。
そして、この島には、その美しい自然を守り続けようと、ボランティアで毎日「美ら島プロジェクト」という島内ゴミ拾い活動を行っている島民たちがいます。
美しい自然でも人が汚せばいつかその美しさをなくしてしまうもの、こういう善良な島民の頑張りがあってこそ与論島の美しさは維持できるものです。
同郷の人間として郷里で頑張っている人たちに心より感謝し、エールを送りたいと思います。

ところで、美意識というのは美しいものを見て、触れて、感じて芽生えていくものです。
そういう点でいうと、与論島の島民は生まれた時から美しい環境に身を置いているので恵まれているかもしれません。
自分たちにとって当たり前のことが、実は都会の人にとってはとても羨ましいことなのです。
私は現在東京在住ですが、そのことをつくづく感じます。
東京の都心で生活していると、普段目にするのは人工的に造られた自然ばかりでその自然も小さなものです。
与論島の多くの民家にある庭に比べたら東京の民家の庭はあまにも小さすぎます。

せっかく恵まれた美しい自然があるのですから、この環境を利用して美意識を高めない手はありません。
美意識の向上は島の魅力を高め、また子供の教育にも大いに役立つでしょう。
美意識の向上はまず身近なところから、ということで、私はアイデアは、

“ガーデニングコンテストを開催してはどうか”


同コンテストを毎年か数年おきに開催し、希望者は応募、審査員が応募者の家庭を回って庭の造作を審査して採点を行い、順位を決めて表彰するという内容です。
もし可能であれば、順位が高かった家庭の庭を島民が自由に見学できればいいなと思いますが、プライバシーの問題もあるのでこれは難しい面もあるかもしれませんね。
自分の家の庭を美しくするというのは、そこで暮らす人にいろんな面でいい影響があるでしょうし、それによって美意識が高まっていけば、自分たちの島の美しい自然を守ろうという意識・行動にもつながっていくような気がするのですが、いかがでしょうか?
[PR]

by yoronto | 2014-10-12 10:47 | 島の再生

【与論島再生のアイデア(56)】“地方創生”は、与論島にとってチャンス!

現在、国が本腰を入れてやろうとしている“地方創生”。
おそらく、地方で暮らしている人や地方で育った人はこの考え方や方向性に大いに賛同しているはずです。
里山資本主義の提唱者で知られる藻谷浩介さんは、これからの日本を元気にするヒントは農山村や離島にあるといいます。
ある調査によれば、東京都内在住者の40.7%が田舎暮らしをしたいと考えているとか。
このデータの見方はいろいろあるでしょうが、単純にいえば、多くの人が自然の豊かな田舎で暮らしてみたいという思いを持っているということでしょう。

私は以前からこのブログで、与論島を活性化させるために島外からの移住者を増やすべきだと言ってきました。
やはり、地域の発展の鍵になるのは“”なんですよね。
これも以前に言ったことではありますが、知らない土地に行って暮らそうと思う時に、真っ先に気にするのは、住む場所と収入の確保です。
そういうことを考えると、行政側にはこういう面のサポートをお願いしたいところです。
サテライトオフィスのアイデアについて提案したこともありますが、与論島に移住して仕事をやりたいという人のために、都会にはよくあるシェアオフィス(建物内のスペースを細分化して各自が共同で利用する)をつくることも必要でしょう。

空家に関する最近の調査によれば、2013年で全国の空家率は13.5%、これが2040年には40%まで上昇しそうだとか。
与論島の空家の現状についてはわかりませんが、活用されていない空家、建物があるのであれば、上記のようなアイデアが生かせるのではないでしょうか。
与論島は、台風の自然災害を除けば、日本いや世界に誇れるぐらい美しい自然に恵まれています。
第二の人生を美しい海に囲まれた南の島で過ごしたいシニア世代、自然の豊かな田舎に住みながら子育てをしたい若者世代、それぞれの世代に大いに受け入れられる環境が与論島にはあります。
そういうことを考えるにつけ、“地方創生”は、与論島にとってチャンス到来!
と思うわけです。
[PR]

by yoronto | 2014-10-05 17:09 | 島の再生