我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


与論島の活性化には、「考えて→行動する」人が欠かせない

e0032991_1340548.jpg

e0032991_13413411.jpg

e0032991_1342283.jpg

これまで与論島再生のアイデアについて、39項目の記事を書いてきました。
そんなアイデアの一つに、「 【与論島再生のアイデア(4)】小さな畑付きの家を販売してはどうか」というのがあったのですが、最近、この内容と似たようなことをして地域活性化をはかっている地域があることを知りました。

東京の奥多摩という人口の少ない地域では、「滞在型市民農園」という企画で町の活性化をはかろうとしており、これがシニア世代に人気を呼んでいるそうです。
豊かな自然に囲まれた小さな農園で農作業に汗を流しながら毎日を生き生きと過ごす、会社を定年退職したような人の憧れでしょう。
人は老いてゆくと、あまり無理をせず、健康に気を使いながらマイペースで何かをやりたいと考えるものですが、そういう思考にこの企画はピッタリ合ったのだと思います。

小さな区画に分けられた農地付の家には申し込んだ人が滞在し、その地域は一つのコミュニティを形成し、隣近所お互い交流を深めながら農園生活を楽しんでいるようです。
交流イベントなども開催されてお互いが出会う場ができ、そこでお互いの得意分野を活かして知恵を交換し合うといったことも行われているそうです。
地元の住民が滞在中の住民に野菜づくりを教えるなんてこともやっているようですね。
こういう企画は、記事でも書いたことですが、十分与論島でもやれます。
あと、必要なことは、このアイデアを実行に移せるかどうか、それができる人がいるかどうか、にかかっているのかもしれません。
[PR]

by yoronto | 2013-01-26 13:52 | 島の再生

与論島のお父さん、お母さん、いつまでもお元気で!。私を産み育ててくれてありがとう!

郷里与論島を離れて住む出身者が郷里に帰省する目的の一つは、島で暮らす親や兄弟姉妹など家族が元気で暮らしているかどうかその様子を見ることでしょう。
私は現在東京に住んでいますが、私の帰省の最大の目的はそれに尽きます。
私の両親は齢86歳と高齢なので、健康状態は常に気にかけています。

昨年12月30日から今年の1月3日まで帰省した際に会った両親は元気でした。
元気といっても、父の耳はますます遠くなり、母は歩くのも不自由な感じではありました。
ただ、それも年相応なのかもしれません。
父は今だ現役仕事人で、毎日休まず野良仕事をしたり、魚を獲りに海へ漁に出掛けているようで、息子ながら我が父のエネルギッシュな行動力には感心するばかりです。

今はひたすら、私を産んで育ててくれた父と母に感謝し、ただただ、「与論島のお父さん、お母さん、いつまでもお元気で!」と心の中で叫び、祈るばかりです。
サトウキビ収獲の一番忙しい時期に、実家にいて力になれなくてゴメンナサイ。

<牛の餌の草刈りに精を出す父>
e0032991_703638.jpg


<椅子に座って家族を見守る母>
e0032991_705233.jpg

[PR]

by yoronto | 2013-01-10 07:08 | 私の実家

“名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実”の風景が似合う与論島

“名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ 故郷の岸をはなれて なれはそも波にいく月”
童謡「椰子の実」の一節です。
子供の頃学校で教わり口ずさんだ方も多いのではないでしょうか。

そんな風景を与論島の海岸では実際に見ることができます。
昨年12月30日から1月3日まで郷里与論島に帰省したのですが、実家近くの海岸線を散歩していた際、どこからともなく流れ着いた椰子の実を見つけました。
e0032991_9225170.jpg

e0032991_923978.jpg

e0032991_9232846.jpg

e0032991_9234751.jpg

[PR]

by yoronto | 2013-01-06 09:27 | 島の見所

与論島の実家の“我が家のご飯”、一挙公開。この食事が長生きの秘訣?

昨年12月30日から1月3日まで郷里与論島(鹿児島県最南端の島)に帰省していましたが、その間に実家で食べた朝・昼・晩の食事内容を一挙に公開します。
与論島には長生きの島民が多いのですが、この食事に秘訣があるのでしょうか?
e0032991_110689.jpg

e0032991_1103868.jpg

e0032991_1104447.jpg

e0032991_1111033.jpg

e0032991_1111827.jpg

e0032991_1114519.jpg

e0032991_1115039.jpg

e0032991_1121872.jpg

ある日、こんな一品もありました。
(親父が海漁で獲ったでっかい魚の頭)
e0032991_1134650.jpg

[PR]

by yoronto | 2013-01-05 11:06 | 島の食物