我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


貝殻拾い

与論島の海岸を歩いているといろんな貝の貝殻を拾うことができます。
島を訪れた人の中には、お土産としてこういう貝殻を拾う人もいます。
さすがに写真のような大きな貝殻は拾えませんが、海に潜ればこういう大きな貝を見つけることも可能です。
与論島へ旅する機会があったら、海岸をブラブラ散歩しながら貝殻を見つけてみてはいかがでしょうか。
拾った貝殻が貴方を幸せにしてくれるかもしれませんよ。
e0032991_14222267.jpg

e0032991_14225923.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-11-25 14:24 | 島の珍物

パパイヤの子供?

熟んで色づいた(黄色っぽい)パパイヤは店頭でよく見かけます。
でも、色づく前のパパイヤを見る機会は少ないのではないでしょうか。
写真は私の実家の庭に生えているパパイヤの木についている熟する前のパパイヤです。
濃い緑色をしています。
この状態で漬物にしてしまうこともあります。
e0032991_10105331.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-11-23 10:12 | 島の食物

釣りを楽しむべし

与論島は周囲を海に囲まれているため、釣りスポットがたくさんあります。
港湾に行くと、桟橋から釣り糸を垂れている人をよく見かけます。
釣れる日もあれば、釣れない日もある、これはしょうがないですね。
与論島へ行ったなら、観光もいいけど釣りを楽しむのもよいでしょう。
e0032991_16403739.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-11-18 16:41 | 島の文化

島の人々を支える木“ガジュマル”

与論島を代表する木といえば、やはりこれでしょう。
ガジュマル”の木
地中では四方八方に根を伸ばし、幹はがっしりとしていて、枝葉は自由に伸び放題、、、力強さとたくましさを感じさせてくれる、それがガジュマルです。
島の人々にとってはある意味「精神を支えてくれる木」のような気がします。
e0032991_15312619.jpg

e0032991_15315540.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-11-10 15:34 | 島の見所

遊覧船“グラスボート”

与論島の観光といえば、やはり海を抜きにしては語れません。
で、海を観光するなら“グラスボート”という遊覧船を利用するのがいいでしょう。
この船は底の部分がグラスになっているので、船の上から海中を見ることができます。
夏場の観光シーズンには、たくさんのグラスボートが島周辺の海上を行き交います。
といっても、かつての観光ブームに比べるとその数が激減した感もあります。
e0032991_23321836.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-11-09 23:34 | 島の見所

赤いソテツの実

歌手の三沢明美さんが歌う「島育ち♪」の歌詞の中に出てくるソテツ
与論島では島内のあちこちでよく見かけます。
葉は細かく先っぽが針のようにとがっているので、近づいて触ったりする時は要注意です。
昔、人々が貧しかった頃は、このソテツの実で味噌を作っていたようです。
e0032991_144839.jpg

e0032991_14483294.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-11-04 14:50 | 島の珍物