我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


バナナの木

子供の頃は野生のバナナの木をよく見かけたものですが、島全土の農地開発が進んだ結果ほとんど見かけなくなりました。
バナナなんていくらでもお店で安い値段で買えるわけですが、なぜか、子供の時にバナナの木にぶらさがったバナナをもいで食べたことを思い出します。
e0032991_23554444.jpg

e0032991_23561279.jpg

e0032991_23563989.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-10-29 23:58 | 島の食物

今はもう誰もいない海

与論島の売りは、なんといっても青い海と白い砂浜です。
観光でこの島を訪れる人の多くも、きっとそれを期待しているのではないでしょうか。
ただいかんせん、海水浴を目的にするとどうしても夏が観光シーズンのピークにならざるをえません。
さる10月13日、14日に姪の結婚式で帰省した際には、白い砂の浜辺を歩いている人の姿をまったくといっていいほど見かけませんでした。
自分以外の人影を見かけない、この静かな海、海岸、浜辺、、、私はとても好きです。
与論島の知られざる表情を見たい方には、夏のシーズンをはずしたシーズンに行くことをお勧めします。
e0032991_11461085.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-10-28 11:50 | 島の見所

この島には海の風景が似合う

与論島はどこへ行っても絵になる風景ばかりですが、特に海の風景はいいですね。
e0032991_1226576.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-10-27 12:27 | 島の見所

映画『めがね』の舞台、寺崎海岸

現在劇場公開中の映画『めがね』。



かもめ食堂』をヒットさせた荻上直子監督の作品第二弾で、小林聡美さん主演の映画です。

実は『めがね』のロケ地は与論島なのです。
映画に出てくる海岸は「寺崎海岸」と聞きました。(写真)
与論島ではちょっとマイナーな海岸ですが、それが映画の舞台としてはよかったのかもしれませんね。
私は公開直後に劇場へ観に行きましたが、なかなかいい映画でしたよ。
心がお疲れの方、癒されたい方にお勧めの映画です。
e0032991_6563281.jpg

e0032991_6572364.jpg

e0032991_658088.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-10-26 06:59 | 島の見所

宴といえば、三味線、太鼓、そして踊り

10月13日、与論島の実家で姪の結婚式があり(両家の身内だけの出席)、東京から駆けつけました。
土曜日に東京から与論島へ飛び、翌日には帰ってくるという強行スケジュールでしたが、楽しい宴が催されたおかげで、充実したひとときを過ごすことができました。

与論島の宴といえば、三味線太鼓、そして、それに合わせて参加者が輪になって踊る踊りが欠かせません。
与論島へ旅する機会がありましたら、与論島の人々と仲良くなって、ぜひ楽しい宴に参加してみて下さい。
南の島の文化、人々のスピリッツを肌で感じることができるでしょう。

(三味線を弾く父、太鼓を叩く母)
e0032991_23541825.jpg

(踊る両家の家族たち)
e0032991_2356275.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-10-25 23:59 | 島の人々

祝宴のお吸い物

e0032991_2364690.jpg

与論島でも、祝宴が催される時には料理の一つとしてお吸い物が出されます。
私の東京生活も長くなったので、お吸い物と聞くとこちらの料理をイメージしてしまうのですが、郷里のお吸い物は具がたくさん入っているのが特徴です。
もっとも写真は我が実家のものなので他の家庭は違うかもしれませんがね。
お吸い物一つとっても、日本全国いろんな作り方がありそうですね。
[PR]

by yoronto | 2007-10-23 23:12 | 島の食物

与論島へはプロペラ機で

e0032991_22314016.jpg

本土から与論島へ行くには、飛行機、フェリーの2つの交通手段があります。
とりあえず、沖縄、鹿児島からは飛行機、フェリーどちらでも行けます。
私は現在東京在住ですが、帰省する時は、飛行機を使い沖縄か鹿児島経由で帰ります。
どちらかといえば、沖縄経由の方が鹿児島経由より時間も短いし料金も安いですね。

沖縄からは写真の飛行機が飛んでいます。
琉球エアコミューターという航空会社の飛行機でプロペラ機です。
ジャンボジェット機とは違った乗り心地ですが、個人的には好きですね。
沖縄の那覇空港から与論空港までは約30分のフライトです。
晴れた日は、空の上から沖縄の島々を眺めることができ楽しいですよ。
[PR]

by yoronto | 2007-10-22 22:44 | それ以外

群生するヨモギ

e0032991_18433118.jpg

しばらく更新できずにいましたが、また再開します。
というのも、さる10月13日、14日に姪の結婚式に出席するため与論島へ帰省する機会があり、その際に写真を撮り溜めすることができたからです(笑)。

ということで、再開第一弾の記事は“ヨモギ”についてです。
島のあちこちに野生のヨモギが群生しています。
与論島では、昔から各家庭でこのヨモギを使ったヨモギ餅が作られており島の名産にもなっています。

写真は、我が実家の敷地に群生しているヨモギです。
子供の頃は母などがよくヨモギ餅を作ってくれたものですが、今じゃ誰も作らなくってしまいました。
まぁ、食べたきゃお店でも買えるわけだし、、、とはいえ、少し寂しい気もします。
[PR]

by yoronto | 2007-10-21 18:52 | 島の食物