我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


実家の風景

e0032991_12122249.jpg

写真の右端に見える家が実家の一部です。
お客さんを泊めるときは、この家を使います。
家族が日々寝泊りしているのは、写真の家の奥のほうにある家です。
ご覧のように、実家はサトウキビ畑に囲まれています。
与論空港に到着したら、我が実家まではタクシーを使い自宅前まで行ってもらいます。
私の実家のある地名は“古里(ふるさと)”というのですが、
タクシーの運転手さんに「古里の○○さんちまでお願いします」と告げると連れていって
くれます。
さすが人口の少ない島ですね。
[PR]

by yoronto | 2005-09-24 12:19 | それ以外

ガジュマルの木

e0032991_11525948.jpg

与論島を代表する木“ガジュマル”。
がっしりしていて、人間でいえば筋骨たくましく少々のことではビクともしないという感じです。
写真は、私が通った小学校の校庭の片隅でしっかり根をはっているガジュマルです。
ただ、残念なことに、伐採が進んだせいか最近は見かけることが少なくなりました。
いつまでも与論島のシンボルであってほしい木です。
[PR]

by yoronto | 2005-09-23 11:54 | 島の珍物

皆田(ミナタ)離れ

e0032991_1146412.jpg

以前の記事でも書きましたが、与論島の周囲にはいくつかの離れ小島があります。
写真の島は、その中で最も大きい島で“皆田(ミナタ)離れ”という名前で呼ばれています。
無人島です。
私はまだこの島へ渡ったことがありません。
海岸から近いところにあるので、この島へは簡単に行けると思います。
いつか渡ってみたいと思います。
[PR]

by yoronto | 2005-09-19 11:50 | 島の見所

南の島といえば“ハイビスカス”

e0032991_10312285.jpg

私の実家の庭先にはハイビスカスの木があります。
8月に帰省した際、ハイビスカスの花が美しく咲き誇っていました。
与論島の島めぐりをすると、道路脇あるいは民家の軒先で
ハイビスカスの花を見ることができます。
やっぱり、ハイビスカスは南の島の象徴ですね。
与論空港に降り立ち実家に向かうタクシーの中からこの花を見かけたときは、
「あー、与論島へ帰ってきたんだなぁ」としみじみ思いました。
私にとっては心を落ち着かせてくれる花です。
[PR]

by yoronto | 2005-09-10 10:37 | 島の珍物

実家

e0032991_23552726.jpg

道路の突き当たりが私の実家です。
家はたくさんの木で囲まれています。
与論島の家はこんな感じの家が多いですね。
この木が台風避けになるのです。
常に台風被害に遭い続けてきた島民の知恵なんでしょうね。
暑い夏は、これらの木々の木陰で涼をとることができます。
[PR]

by yoronto | 2005-09-05 23:57 | 島の文化

アダンの実

e0032991_1219436.jpg

島の海岸あたりでよく見かけるのが“アダン”という植物です。
この植物は実をつけます。
写真はアダンの実です。
この実は食べられるのかって?
はい、食べることができます。
子供の頃は時々食べていました。
美味しいかどうかは、、、
[PR]

by yoronto | 2005-09-04 12:22 | 島の珍物