我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:島の見所( 60 )


Wow! What a beautiful island! Many breathtaking sights!

Thank you for your visiting to my site.

There is a beautiful small island in Japan.
The island is near Okinawa and called "Yoron".
e0032991_12331459.jpg

The blue sky,blue sea,white beach, coral reef around the island,,,,,,,
And kind Islander.
Many things attract visitors.

There are many photos of the breathtaking sights in this brog's articles.
If you are interested in this island,please check those.
Sample:
http://yoronto.exblog.jp/21243712/

Please enjoy!
[PR]

by yoronto | 2014-09-23 12:28 | 島の見所

2013年夏 郷里「与論島」の風景

今年の夏、久々に郷里「与論島」に帰省しました。
1週間ほど滞在したのですが、帰省を終え東京の自宅に戻ってしばらくしたら、非常に強い台風24号が与論島を襲い、全家屋の1/3を破壊するという悲しい出来事が発生しました。
家族団欒のひとときを楽しんだ私の実家も被災しました。
台風襲来は毎年避けることのできない島ですが、一日も早い復興を願うばかりです。

与論町では、台風24号にともなう義援金を募集しております。
ご支援頂ける方はどうぞよろしくお願い申し上げます。
※義援金の詳細
http://www.yoron.jp/life/pub/detail.aspx?c_id=26&type=top&id=1192

鹿児島県最南端に位置する与論島は、台風の襲来を除けば、自然がとても美しい島です。
特に、周囲が珊瑚礁(リーフ)に囲まれた海岸線は絶景です。
帰省中に撮った写真を掲載いたしますのでお楽しみ頂ければ幸いです。
e0032991_174384.jpg

e0032991_1754382.jpg

e0032991_1710682.jpg

e0032991_17102530.jpg

e0032991_17104752.jpg

e0032991_1711450.jpg

e0032991_17112392.jpg

e0032991_17114097.jpg

e0032991_17115836.jpg

e0032991_17121753.jpg

e0032991_17131596.jpg

e0032991_17133249.jpg

e0032991_17135016.jpg

e0032991_17143829.jpg

e0032991_17145657.jpg

e0032991_17151436.jpg

e0032991_17153127.jpg

e0032991_17155682.jpg

e0032991_1716838.jpg

e0032991_17163842.jpg

e0032991_17171113.jpg

e0032991_17173766.jpg

e0032991_17175849.jpg

e0032991_17192334.jpg

e0032991_17194957.jpg

e0032991_17222126.jpg

e0032991_1722446.jpg

e0032991_1723340.jpg

e0032991_1723389.jpg

e0032991_172434.jpg

e0032991_17241937.jpg

e0032991_17243528.jpg

e0032991_17245065.jpg

e0032991_1725833.jpg

e0032991_17255695.jpg

e0032991_17261620.jpg

e0032991_17263230.jpg

e0032991_17265266.jpg

e0032991_17271417.jpg

e0032991_17273575.jpg

e0032991_1728225.jpg

e0032991_172842100.jpg

e0032991_172966.jpg

e0032991_17292420.jpg

e0032991_17294986.jpg

e0032991_17302335.jpg

e0032991_17304831.jpg

e0032991_17311250.jpg

e0032991_17312965.jpg

e0032991_17314632.jpg

e0032991_173239.jpg

e0032991_17322043.jpg

e0032991_17323715.jpg

e0032991_17332438.jpg

e0032991_17335215.jpg

e0032991_1734882.jpg

e0032991_1735688.jpg

e0032991_17352451.jpg

e0032991_17354188.jpg

e0032991_17363580.jpg

e0032991_17365618.jpg

e0032991_1737193.jpg

[PR]

by yoronto | 2013-10-26 17:38 | 島の見所

南洋に浮かぶ与論島は、神々が舞い降りる島?

与論島で遭遇した神々が舞い降りる瞬間。
まさに神々しい光景!
残念ながら、舞い降りた神々がどこで何をしていたのか、見届けることはできませんでした。
何せ一瞬の出来事だったもんで。

e0032991_14491694.jpg

e0032991_14493391.jpg

e0032991_14494974.jpg

e0032991_1450432.jpg

e0032991_14501865.jpg

e0032991_15939.jpg

e0032991_15987.jpg

e0032991_1594394.jpg

e0032991_1594728.jpg

e0032991_15101578.jpg

[PR]

by yoronto | 2013-03-20 15:12 | 島の見所

“名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実”の風景が似合う与論島

“名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ 故郷の岸をはなれて なれはそも波にいく月”
童謡「椰子の実」の一節です。
子供の頃学校で教わり口ずさんだ方も多いのではないでしょうか。

そんな風景を与論島の海岸では実際に見ることができます。
昨年12月30日から1月3日まで郷里与論島に帰省したのですが、実家近くの海岸線を散歩していた際、どこからともなく流れ着いた椰子の実を見つけました。
e0032991_9225170.jpg

e0032991_923978.jpg

e0032991_9232846.jpg

e0032991_9234751.jpg

[PR]

by yoronto | 2013-01-06 09:27 | 島の見所

故郷“与論島”へ帰ってホッとするのはなぜだろう?

e0032991_12462092.jpg

e0032991_12442520.jpg

e0032991_12443430.jpg

e0032991_1245046.jpg

e0032991_133173.jpg

故郷に帰った時にホッとするのは故郷から離れた地に住んでいる人に共通する心情でしょう。
故郷の土を踏んだ瞬間に、「帰ってきたー!」と喜びをかみしめる人は多いと思います。
私が故郷“与論島”に帰った時に一番嬉しいのは、子供の頃から見慣れた自然の風景を再び見れることです。
久しぶりに会う実家の家族や島の友人たちとの再会も嬉しくはありますが、それ以上に島の風景が心を和ませてくれます。

ただ少しだけ残念なのは、島の開発が進んだ結果、子供の頃に見た風景もかなり様変わりしてきていることです。
島で暮らす島民にとっては生活を豊かにするためにやむをえない選択なのでしょうが、島を離れて暮らしている出身者にとっては、与論島の自然はいつまでも変わらずに同じ風景であり続けてほしいと思ったりします。

ふと思い出したのですが、子供の頃、実家の周囲には木がたくさんあって、いろんな野鳥をたくさん見かけました。
いろんな昆虫もたくさんいました。
今東京のど真ん中で暮らしいるので自然の風景を見る機会があまりなく、目に焼き付いている島の風景を懐かしく思い出すばかりです。
[PR]

by yoronto | 2012-09-09 13:04 | 島の見所

与論島内の散歩道、海岸沿いの遊歩道

与論島の海岸には、防風(砂)対策で“モクマオウ”という木がたくさん植えられていますが、その中に散策のための遊歩道がつくられています。

朝や夕方などにこの道を散歩するととても気持ちがいいんです。
海のすぐそばなので潮の香りも感じられます。
与論島へ行く機会があればぜひこの遊歩道を歩いてみてほしいですね。

e0032991_8464648.jpg

e0032991_847640.jpg

e0032991_8473148.jpg

e0032991_8474911.jpg

e0032991_848777.jpg

e0032991_848251.jpg

[PR]

by yoronto | 2012-01-09 08:50 | 島の見所

与論島のてっぺんに建つ“琴平神社”

年末年始、多くの島民がお参りに行く与論島の名物神社“琴平神社”。
この神社は島で一番の高台に建っており、境内からは沖縄本島の北端が見えます。
神社が建っている場所には、かつて琉球王朝時代の北山王国の城がありました。
帰省した時は必ず行くのですが、今年は残念ながら東京にいるので東京の神社へお参りに行きます。

e0032991_13483367.jpg

e0032991_1349250.jpg

e0032991_13492292.jpg

e0032991_134939100.jpg

e0032991_1349562.jpg

e0032991_13501112.jpg

e0032991_13532149.jpg

e0032991_1350391.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-12-27 13:57 | 島の見所

南洋に浮かぶ小さな島与論島で、“たそがれ”ながら釣りでもいかが?

与論島がロケ地に選ばれ、『かもめ食堂』の監督荻上直子さんがつくった映画として話題になった映画『めがね』の中で釣りのシーンが出てきますが、与論島にはいい釣りスポットがたくさんあります。
いつか、あなたも映画のシーンのように“たそがれ”ながら釣りをするために与論島へ行ってみませんか?

e0032991_12301050.jpg

e0032991_12342412.jpg

e0032991_12345713.jpg

映画『めがね

[PR]

by yoronto | 2011-12-25 12:36 | 島の見所

ちゃっちぃけど、与論島にもゴルフ場があるんだ

与論島にはゴルフ場があります。
といっても、本土にあるような本格的なものをイメージしてはいけません。
何せ小さな島ですから、広さも施設もそれなりのものです。

私はここでプレーしたことは一度もありませんが、プレーしている人を見かけたこともあまり、いやほとんどありません(笑)。
まぁ、こんなのもあるよって紹介でした。

e0032991_6362020.jpg

e0032991_6363425.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-12-24 06:38 | 島の見所

晴れた日は気持ちがいい、与論島のベスト休憩所

晴れた日、気持ちのいいそよ風を肌で感じながら、こんな場所でひと休みしてみたいと思いませんか?
私の実家近くにある野外の休憩所です。

遠く地平線あたりに見える島影は、沖永良部島です。
あっ、手前にはっきり見える島は違いますよ~。

e0032991_14144562.jpg

e0032991_1415148.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-12-23 14:18 | 島の見所