我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:島の人々( 20 )


与論島で生まれ育ち、一生をこの島で過ごす、これぞ与論っ子

e0032991_1657292.jpg

e0032991_16573474.jpg

e0032991_1658192.jpg

e0032991_16581784.jpg

e0032991_16583747.jpg

私の両親は共に昭和2年生まれの御年90歳。
太平洋戦争を経験した世代で、共に貧乏な家庭の生まれ育ちながら、9人の子供を産み育て、家族を養うために働きづくめで苦労に苦労を重ねつつ、4人をも私立の大学まで進学させた偉業は、子供からみても大したものだと感じ入ります。
そんな両親も寄る年波には勝てず、現在、母は施設暮らし、父は実家暮らしをしながら体の調子がいい時に仕事をするという状況です。

両親は生まれてから今日までずっと与論島で暮らしています。
やむをえない用事で島の外に出たことはあったものの、それ以外は島に根を張り、大勢の子供たちを育て上げ、島の人たちと付き合い続けてきました。
いつだったか、東京暮らしの私が帰省した際に、母に「島から出てみたいと思ったことはないのか?」と聞いたことがありましたが、母は即座に「一度もない」と答えました。

私の兄弟姉妹のうち、姉三人は島で暮らしていますが、他は全員島の外で暮らしています。
島にいる姉も若い頃は島の外で働いた経験を持っています。
島の外に出ると、特に大都会に出ると、「与論島はなんてちっちゃいんだ。島を出てよかった。おかげでずいぶん視野が広がった」なんて思ってしまいがちでしたが、50代になった今、「いやまてよ、小さい島ながら、この島でいろんな人生を経験し、そこで一生を終える、それもまた素晴らしい生き方なのではないか」と思えるようになってきました。
江戸っ子、浪花っ子、浜っ子、、、その地に根付いた人の呼び方を真似すれば、私の両親は、きっと生粋の“与論っ子”といったところでしょうか。

以前、私は、今後の与論島の生きる道(与論島再生のための100年ビジョン)として、こんなフレーズを提唱しました。
自然と生きる、自然に生きる、“魂の島”
もしかしたら、このコンセプトは、両親の生き方を見ているうちに私の中に自然に芽生えてきていたのかなと。
与論島で生まれ育ち、一生をこの島で過ごす、なんと素晴らしい生き方でしょうか。
自分が生まれ育った地を愛し、特別な支障でもない限りその地で暮らし続ける、案外そんな生き方も幸せな生き方なのかもしれませんね。
[PR]

by yoronto | 2017-07-13 17:49 | 島の人々

我ら元気印!、与論中学校同窓会『クントゥグンジュ in 東京』

昨日6月23日(土)、東京の「グランドプリンスホテル新高輪」において、昭和39年・40年生まれの与論中学校卒業生による同窓会『クントゥグンジュ in 東京』が盛大に開催されました。
クントゥグンジュ”というのは与論島の方言で、「今度50歳を迎える」という意味で、50歳を迎えるにあたってそれを祝うというのがこのイベントの趣旨です。

実はこのイベントは、今年1月3日に既に郷里・与論島で開催されています。
本来であれば、全員がここに集うのが理想でした。
しかしながら、多くの仲間たちが全国各地に住んでおり、仕事やその他の事情により郷里で開催されたこのイベントに参加できない人も多かったため、東京在住で帰省できなかった人たちが中心となって今回の企画となりました。

遠くは与論島や沖縄、あるいは大阪、名古屋などからも仲間たちが集まり、総勢40名を超える盛大なイベントとなりました。
当時の同級生は160名近くいましたので、その4分の1が集まったことになります。
当時の仲間の中には、悲しくも既に他界されてしまった人が6名もおり、式典の開催にあたり全員で黙祷を捧げました。

集まった人たちの中には、それこそ中学・高校卒業以来会っていない人なんかもいて(30年以上ぶり)、懐かしさのあまり話しが尽きませんでした。
歌ありの、踊りありの、楽しい芸ありの、そしてもちろん“与論献奉”ありので、3時間があっという間に過ぎていきました。
二次会は、カラオケ大会。
その後は、家路につく人、三次会へと流れていく人と別れましたが、本当に楽しく盛り上がった同窓会でした。

同様のイベントは、私たちが還暦(60歳)を迎える時にまたあります。
その時まで仲間全員が元気でいてくれることを祈るばかりです。
他の世代から私たちの世代(昭和39年・40年生まれ)は元気でパワーがあると言われています。
これからも歳を感じさせないぐらいの元気さを保っていきたいものです。
当イベントに参加された皆さん、大変お疲れさまでした。
当日の模様を写真で綴りますのでぜひお楽しみ下さい。

e0032991_12143340.jpg

e0032991_12151117.jpg

e0032991_12152637.jpg

e0032991_1216081.jpg

e0032991_12161733.jpg

e0032991_12163260.jpg

e0032991_1216464.jpg

e0032991_1217151.jpg

e0032991_12171576.jpg

e0032991_12173330.jpg

e0032991_12174849.jpg

e0032991_12181463.jpg

e0032991_12182895.jpg

e0032991_12184161.jpg

e0032991_12185854.jpg

e0032991_12191651.jpg

e0032991_12193319.jpg

e0032991_12194978.jpg

e0032991_12201156.jpg

e0032991_12202874.jpg

e0032991_12204694.jpg

e0032991_122124.jpg

[PR]

by yoronto | 2012-06-24 12:21 | 島の人々

『老人と海』の世界が似合う与論島

老人と海』といえば、かのノーベル賞作家アーネスト・ヘミングウェイの代表的な小説ですが、日本では、与那国島の老漁師を主役にした同名の映画もつくれています。

与論島にも老漁師はいます。
私の父は現在80代半ばですが、いまだに現役の漁師です。
危険だから漁師をやめたほうがいいと実家の家族は言っているらしいのですが、本人は頑として聞かないようです。
長年漁師を続けてきたプライドが許さないのかもしれませんね。
周囲を海に囲まれた与論島、『老人と海』の世界がよく似合う島です。

e0032991_13303696.jpg

e0032991_13305659.jpg

e0032991_13312631.jpg

e0032991_13314472.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-12-18 13:33 | 島の人々

先祖・先輩を敬い、長幼の序を守り続ける島、それが与論島

私の都会暮らしも30年近くに及び、思考も生活スタイルもすっかり都会化している今日この頃です。
都会化って何でしょうか?
私が感じるところでは、緩やかな人間関係、他人に束縛されない自由、生まれた年をあまり意識せず他人と付き合える気楽さ、一方で、希薄な人間関係、他人に冷たく接しても許容される環境、自分さえよければいいという利己主義、、、そんなもんかなと。

以前、中国人の友人に聞いて驚いたことがあります。
中国では、夫婦間で考え方の相違があった時、夫であれ妻であれ、それぞれの親の言うことに従うそうです。
日本であれば夫婦間の関係のほうを大事にしそうな気がするのですが、中国では自分のパートナーよりも親をとるというのです。
実は韓国でも似たような面があって、これも韓国人の友人に聞いたことなのですが、韓国では日本よりも親を大事にし親の意向に従う傾向が強いそうです。

最近、私の周囲の年下の日本人たちを見ていると、親だろうが年長者だろうが平気で不遜な態度をとる人がけっこういます。
仕事の現場でも、年長者や年長の上司に口答えし、年長者や上司の言うことを聞かない若い人がいます。
仕事上のこととはいえ、人間社会の秩序を守り安定した生活を営むには、ある程度意識的に長幼の序は守る必要があり、それが先人の知恵だったはずです。 
昨今のいろんな社会的事件をみるにつけ、その背景にそういった秩序の崩壊があるような気がしてなりません。

与論島の家々には必ず神棚が設けられており、島民は何かある度に神棚の前でご先祖様に対しお祈りをします。
私は島に帰省する度に必ず神棚の前で手を合わせ帰省報告をしています。
お土産がある時は、家族に渡す前にまずは神棚に供えます。
そして、自分の家のお墓に行って掃除をし、そこでもお祈りをします。
与論島の人々は、こういうことを日常的なこととして自然にやっています。

与論島では、“長幼の序”というものをとても大切にしています。
1年でも先に生まれた人は先輩であり、先輩は先輩として敬われます。
長生きしている人はそれだけで長老として威厳が保たれます。
同じ場に90歳、80歳の人がいれば、70歳、60歳の人は若造であり、鼻タレ小僧のような存在になります。
分別のある大人の世界でも、長老は長老、先輩は先輩なのです。

こんな環境は息苦しいから嫌ですか?
何でも親や先輩の意向を尊重しなければならないのは理不尽だと思いますか?
受け止め方はいろいろあるでしょう。
都会の環境、雰囲気が好きなら都会に住み続ければいいだけです。
ただ、私が生まれ育った与論島という南洋に浮かぶ小さな島は、先祖・先輩を敬い、長幼の序を守り続ける島だということなのです。

<実家の神棚>
e0032991_11305746.jpg

e0032991_11311658.jpg

e0032991_11313643.jpg

<墓掃除と掃除後のお祈り>
e0032991_1132880.jpg

e0032991_11322639.jpg

e0032991_113246100.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-11-16 11:42 | 島の人々

根強い“シマンチュ”と“タビンチュ”の区別意識

e0032991_824981.jpg

e0032991_831153.jpg

与論島では、島民は昔から自分たちのことを“シマンチュ”と呼び、島外からやって来た人を“タビンチュ”と呼んで区別しています。
シマンチュを漢字で表現すると島人、タビンチュは旅人となります。
タビンチュは、ヤマトンチュ大和人)という言い方をする時もあります。
シマンチュはルーツが与論島にあるかぎり、島外で長く暮らしていてもシマンチュのままです。
逆に、タビンチュは島に移り住んで10年経っても20年経ってもタビンチュのままです。

これは何も島外からやって来た人を排斥、差別しようとしているのではなく、島民の意識の中に「島外からやって来た人は自分たちとは違う人種」という思いが何となくあることによります。
差別じゃなく、相応しいのは区別という表現かもしれません。
この意識の壁というのはなかなか崩れません。
特にお年寄りや地元を離れたことのない人にはこの区別意識は根強いでしょう。
お年寄り同士の会話の中で、「あそこのお嫁さんはタビンチュらしいね」、「あそこのお店はタビンチュがやってるみたいだね」などといった言葉が出てきたりします。

ただ、島を出て島外で暮らす人も多いし、島外で暮らしていたシマンチュが島に戻るケースも多いので、タビンチュに対する意識の壁は以前に比べるとかなり低くなっているかもしれません。
シマンチュとタビンチュが結婚することも増えたので、そういうことも意識の壁を低くするのに影響を与えているのでしょう。
とは言いながら、古くから根付いてきた“シマンチュ”と“タビンチュ”の区別意識はそう簡単にはなくならないでしょうね。

時々、私が住んでいる東京でシマンチュやタビンチュの友人同士が合同で集まることがあるのですが、そんな中でも、シマンチュ同士だとどうしてもお互いの意識の距離感が縮む傾向があります。
これは与論島特有のものではなく、地域性が持つ特徴なのかもしれません。
東京の人が東北地方へ行ったら、地元の人はやはり似たような意識を持つでしょうし。
私は自分自身が与論島出身なので、与論島ではこうですよと与論島のケースを紹介しているにすぎません。

タビンチュというのは、冒頭でも言いましたが漢字表記すると“旅人”となり、旅人なら旅なのだからいつかは去っていくものです。
しかし、与論島では一生暮らしたにしてもタビンチュはタビンチュのままなのです。
子供が生まれるとタビンチュの子供となります。
そういうタビンチュでも、島暮らしが何代も続けてばそのうちシマンチュになっていくのかもしれませんが。
だって、ルーツをたどれば与論島の島民もよその地からやって来たわけですからね。

“シマンチュ”と“タビンチュ”の区別意識は、時として島外からやって来た人に、「閉鎖性」を感じさせ、島民との交流を難しくさせる面があります。
その最たるものが、島の学校に島外から転校してくるケースです。
大人は社会で揉まれ対人関係の処世術を身につけているのでまだいいでしょうが、子供の場合は何かと苦労がつきまといます。

最近の学校は標準語での会話も多いようなので比較的コミュニケーションをとりやすいでしょうが、私の子供の頃は多くの生徒が授業以外は方言を使っていました。
私の学校時代、同じクラスに転校生がきたことが何度かありましたが、方言環境の中、転校生はとまどい、溶け込むのに苦労していました。
小学校時代に仲良くなった転校生は一生懸命島の方言を覚えていたほどです。
島の方言は島の大切な文化、一方で島外の人には壁をつくってしまうもの、両立ってなかなか難しいもんですね。

世界はグローバルの時代だし、世界経済はボーダレスの時代です。
日本の国際化はどんどん進んでいます。
そんな中で人々の意識も変化しています。
その一方で、自分たちの独自の文化がなくなるのを懸念し、守ろうという動きもあります。
これは日本にかぎらずどこの国でもあり、それぞれの国の中の地域でもあります。

私は、与論島の島民の意識が島外の人たち、都会の人たちと同じになる必要はないと考えています。
自分たちの文化や慣習が多少の壁になったにしても、その地ならではの自然発生的に出てきたものや先祖から受け継いだ文化などは、大事に守ったほうがいいような気がするんです。
“シマンチュ”と“タビンチュ”の区別意識はあれど、お互いが打ち解け合って、お互い学び合い、そこからいいものを生み出していけばいいのではないか、そう思うのです。
[PR]

by yoronto | 2011-10-10 09:02 | 島の人々

女性の社会進出?、与論島にそんな言葉はない

<サトウキビ収穫作業の風景>
e0032991_910642.jpg

私の都会暮らしも25年以上になりますが、都会で暮らし始めて以来違和感を感じる言葉があります。
それは、“女性の社会進出”という言葉。
どうやら、従来、結婚したら家庭に入って専業主婦となり、子供ができたら子育てに専念し、といった感じの世の中の風潮の中で生きてきた女性たちが、自分の価値観を重視し、結婚しても子供ができても仕事を捨てず、あるいは独身で仕事に邁進し、みたいな流れになってきた傾向をいうようですね。

でもね、私から言わせると、これはたんに都会の人々の生活スタイルの変化のことだけをさしているに過ぎないと思うんです。
だって、田舎では昔っから女性は常に労働の貴重な戦力であったし、結婚して家庭で専業主婦だけやっている人はむしろあまりいなかったのですから。
もちろん、背景には田舎特有の産業構造の問題(第一次産業の比率が高いとか)もありますし、都会生活者に比べ所得が少ないので男女ともに働かざるをえないという事情もあるでしょう。

与論島にはサトウキビ農家が多いのですが、サトウキビの収穫作業は家族総出で行います。
だから、大人も子供も男性も女性も関係ありません。
国が打ち出している「男女共同参画型社会の実現」などという方針は、与論島のような田舎にはなじまないものかもしれません。
そりゃ、例えば、島民が集う宴席などの際に女性が宴席にはあまり顔を出さず、料理を作ったり・出したり、洗い場を担当したりと裏方に徹することはよくあります。
しかし、これだけを持って女性の地位が低いというわけではなく、実はそれこそ裏では女性のほうが力を持って男性を動かしていることはよくあるんです。
私の父と母の関係を見ているだけでもつくづくそう感じます。

思い起こしてみると、島の小学校、中学校、高校に通っていた頃、同級生の女性たちがやたら強かったような記憶があります。
性格的に気の弱かった私なんてよくやり込められたものです(笑)。
学校の成績も女性のほうがよかったですしね。
女性が男性と互角の存在だった与論島というところだからこそ、女性も自然に強くたくましく成長したのでしょう。
与論島の人々のこの生き方は、世の中に誇れるものかもしれません。
[PR]

by yoronto | 2011-09-29 09:18 | 島の人々

与論島の島民はとにかく現金収入が欲しい

本土で暮らしていた与論島出身者が島で暮らすことを決めて帰る時、あるいは本土在住者が与論島へ移住する時にもっとも気になるのが、現金収入が得られる仕事が見つかるかどうかということです。
時々、島の実家の家族と電話で話しをするのですが、実家の家族が口々に言うのが、「現在の与論島には仕事がなくて島民は困っている」ということ。

与論島の基幹産業は、農業、漁業、観光業ですが、いずれの産業もそれほど潤っていないのが現状でしょう。
農業の中心を占めるサトウキビは国の保護産業だし、漁業は大した漁獲量ではないし、観光業はかつての与論島ブームを境に年々厳しさを増す一方です。

そういった状況の中で、与論島の島民がもっとも願っていることは、現金収入が得られる仕事がしたいということでしょう。
何せお金がないと欲しい物も買えないし、それに、都会の学校へ進学する子供たちの学費や生活費が確保できません。
与論島は全国各地に比べ年間所得が低いので、家庭から一人の子供を島外の学校へ進学させるというのは本当に大変なことなのです。

私の実家はサトウキビ収入で生計の主な部分を担っていますが、それだけでは足りずに、牛を1、2頭育ててそれを売ることで現金収入の足しにしています。
ちょっとした副業といったところでしょうか。

チャレンジ精神のある人は、サトウキビよりも儲かる他の作物の栽培をしたり、他の商売に手を出したりしています。
とはいえ、人口5,000人程度の小さな島では購買力も大したことはないし、島外に販路を見つけるのも容易ではありません。
そういう点で、多くの島民が日々悪戦苦闘しながら生きているのかもしれません。

e0032991_10214187.jpg

e0032991_10221879.jpg

e0032991_10224833.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-09-22 10:23 | 島の人々

与論島の人々が今も大事にする、“誠打ちじゃしょり”の精神

小学生の頃、校長室のある校舎の前に、“至誠”という文字が彫られた記念碑が建っていました。
その後、小学校の校舎は建て替えられましたが、この言葉は新校舎にも引き継がれました。

誠の心、そう、これは与論島の人々が昔から大事にし、今なお大事にしている精神です。
かつて与論島は極貧の島でした。
そんな貧しく何もない島で島民たちを支えたのがこの精神でした。

古くから伝わる民謡にこんな一節があります。

打ちじゃしょり 打ちじゃしょり 誠打ちじゃしょり 誠打ちじゃしば 何恥じかちゅんが

(意味:出しなさい 出しなさい 誠の心を出しなさい 誠の心を出したなら 何も恥ずかしいことはありませんよ)

誠実さというのは世界中どこの国でも通用するでしょうし、この精神を大事にするところが人類の人類たる所以かもしれません。
私は与論島で生まれた人間の一人として、先祖から受け継がれたこの“誠打ちじゃしょり”の精神をいつまでも大事にしたいと思います。

e0032991_842789.jpg

e0032991_842325.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-09-16 08:46 | 島の人々

生まれた時から海とともに生きる与論島の人々

与論島は南洋に浮かぶ小さな島、周囲は海に囲まれています。
こんな環境なので、島の人たちは生まれた時から海とともに生きています。

暮らしの糧を得る場として、遊びの場として、心を癒す場として、それぞれの人たちに海はいろんなものを与えてくれます。
私も子供の頃から海に親しんできました。
島を出るまで海のない生活は想像できませんでした。

郷里である与論島には年に1回程度帰省しますが、島に帰る度に必ずすることは実家のすぐ近くにある海岸の散歩をすることです。
朝の散歩、昼の散歩、夕方の散歩、その時々で海はいろんな表情を見せてくれます。
雄大な海を眺めているだけで心が洗われるような気がし、癒されます。

海と縁のない都会育ちの子供たち、大人たちに与論島のエメラルドブルーの素晴らしい海を見せてあげたい、ふとそう思うことがあります。

e0032991_1117057.jpg

e0032991_11172138.jpg

e0032991_11175090.jpg

e0032991_11182373.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-09-14 11:20 | 島の人々

島のちっちゃな小学校、でも子供たちには夢がある!

与論島には小学校が三校あります。
一番生徒数が多いのが島一番の繁華街にある茶花小学校、次に多いのが私の母校でもある与論小学校、そして一番少ないのが住んでいる島民も少ない那間地区にある那間小学校

かつてはこの島にもたくさんの子供たちが住んでいましたが、世の中の流れ同様少子化が進み、小学校、中学校、高校とも生徒数は年々減少するばかりです。
中でも最少生徒数の那間小学校は存続さえ危ぶまれています。

でも、子供たちは元気いっぱいで、明るく、将来に大きな夢を持っています!
きっと、子供たちは本土の子供たちにも負けないで立派な大人になり、与論島の未来を、日本の未来を担ってくれることでしょう。

<一番生徒数の少ない那間小学校>
e0032991_16192715.jpg

e0032991_16194214.jpg

e0032991_16195725.jpg

e0032991_16201224.jpg
e0032991_16202831.jpg

<那間小学校卒業生の将来の夢>
e0032991_16212252.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-09-11 16:23 | 島の人々