我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:島の珍物( 13 )


与論島のナニコレ珍百景

以前に与論島へ帰省した時に見かけたものです。
さて、島のどこにあるかな?

e0032991_11285069.jpg

e0032991_1129827.jpg

e0032991_11293470.jpg

e0032991_11295450.jpg

e0032991_1130111.jpg

e0032991_11302865.jpg

e0032991_11304661.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-09-03 11:31 | 島の珍物

ヨロンマラソン

与論島では町興しイベントがいろいろ企画されますが、実績もあり島外でも知られるようになったイベントがこれ。
ヨロンマラソン
優勝すると、スタート地点にある白い壁にその年の大会の勝者として氏名等が刻まれます。
毎年島外からたくさんの健脚自慢の人たちが参加するようです。
私もいつか、、、参加したいな。。。無理かな?(笑)
e0032991_2338493.jpg

e0032991_23382984.jpg

[PR]

by yoronto | 2008-04-07 23:39 | 島の珍物

貝殻拾い

与論島の海岸を歩いているといろんな貝の貝殻を拾うことができます。
島を訪れた人の中には、お土産としてこういう貝殻を拾う人もいます。
さすがに写真のような大きな貝殻は拾えませんが、海に潜ればこういう大きな貝を見つけることも可能です。
与論島へ旅する機会があったら、海岸をブラブラ散歩しながら貝殻を見つけてみてはいかがでしょうか。
拾った貝殻が貴方を幸せにしてくれるかもしれませんよ。
e0032991_14222267.jpg

e0032991_14225923.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-11-25 14:24 | 島の珍物

赤いソテツの実

歌手の三沢明美さんが歌う「島育ち♪」の歌詞の中に出てくるソテツ
与論島では島内のあちこちでよく見かけます。
葉は細かく先っぽが針のようにとがっているので、近づいて触ったりする時は要注意です。
昔、人々が貧しかった頃は、このソテツの実で味噌を作っていたようです。
e0032991_144839.jpg

e0032991_14483294.jpg

[PR]

by yoronto | 2007-11-04 14:50 | 島の珍物

山羊(ヤギ)

e0032991_1236366.jpg

与論島には山羊(ヤギ)を飼っている人がたくさんいます。
私の実家でも昔飼っていたことがありました。
最近は食べていませんが、子供の頃食べたご馳走の一つが山羊料理でした。
大きな鍋でぐつぐつ煮込んだ煮込み料理の美味しかったこと。
ただ、残念なことに、臭みがあるせいか都会の人の中には山羊料理が苦手という人も多い
と聞きます。

以前帰省した際、自転車で島内を走り回っていたら写真の山羊くんに遭遇。
思わずパチッ。
愛くるしい表情がなんともいいじゃないですか。
この山羊くんのその後の運命やいかに。
[PR]

by yoronto | 2006-09-16 12:41 | 島の珍物

海岸に流れ着くものたち

e0032991_23135076.jpg

与論島は周囲を海で囲まれているため、海岸にはどこからともなくいろんなものが流れ着きます。
中にはきっと遠い異国の地から流れ着いたものもあるかもしれません。
台風の嵐の後にはよく魚が流れ着いたので、朝早起きしてその魚を拾いに行くのが楽しみでした。
与論島の海岸を歩いていくと、流れ着いたいろんなものを発見できます。
海岸に流れ着いたものたちには、それぞれに物語があるんでしょうね。
[PR]

by yoronto | 2006-09-10 23:27 | 島の珍物

ガジュマルの木

e0032991_11525948.jpg

与論島を代表する木“ガジュマル”。
がっしりしていて、人間でいえば筋骨たくましく少々のことではビクともしないという感じです。
写真は、私が通った小学校の校庭の片隅でしっかり根をはっているガジュマルです。
ただ、残念なことに、伐採が進んだせいか最近は見かけることが少なくなりました。
いつまでも与論島のシンボルであってほしい木です。
[PR]

by yoronto | 2005-09-23 11:54 | 島の珍物

南の島といえば“ハイビスカス”

e0032991_10312285.jpg

私の実家の庭先にはハイビスカスの木があります。
8月に帰省した際、ハイビスカスの花が美しく咲き誇っていました。
与論島の島めぐりをすると、道路脇あるいは民家の軒先で
ハイビスカスの花を見ることができます。
やっぱり、ハイビスカスは南の島の象徴ですね。
与論空港に降り立ち実家に向かうタクシーの中からこの花を見かけたときは、
「あー、与論島へ帰ってきたんだなぁ」としみじみ思いました。
私にとっては心を落ち着かせてくれる花です。
[PR]

by yoronto | 2005-09-10 10:37 | 島の珍物

アダンの実

e0032991_1219436.jpg

島の海岸あたりでよく見かけるのが“アダン”という植物です。
この植物は実をつけます。
写真はアダンの実です。
この実は食べられるのかって?
はい、食べることができます。
子供の頃は時々食べていました。
美味しいかどうかは、、、
[PR]

by yoronto | 2005-09-04 12:22 | 島の珍物

暑さに猫もお手上げ

e0032991_23284590.jpg

写真の猫は、いつの頃からか我が実家に棲みついた野良猫です。
実家の家族が時々餌を与えるので、すっかり棲みついてしまったのだとか。
この野良猫も与論島の夏の暑さにはお手上げ状態です。
この目は、「あちぃよぉ~、たじけてくれぇ~」と訴えているのかどうか。
[PR]

by yoronto | 2005-08-24 23:32 | 島の珍物