我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

与論島への行き方

e0032991_7372776.jpg

与論島には空港があります。
なので飛行機で行くことができます。
ただし内地からの直行便はないので、那覇空港鹿児島空港で離島便への乗り換えが
必要です。
東京からだと乗り継ぎ時間を入れて約3時間のフライトで与論島に着きます。
東京から沖縄、鹿児島までは便数が多いのですが、そこから与論島までの便数が少ない
のが難点です。
だから、お盆休みや正月休みで帰省する際のチケット確保は大変なのです。

前回帰省した際は、鹿児島経由でした。
写真は鹿児島空港です。
遠くに霧島連峰が見えます。
鹿児島経由で帰るときは、空港内のレストランで鹿児島名物のさつま揚げ、薩摩地鶏刺、
キビナゴをつまみにしてビールを飲みます。
美しい霧島連峰を眺めながらほろ酔い気分になれます。
そして与論島行きの便に乗ると、ちょうどいい感じで現地に着くのです。
沖縄経由で帰るときも似たような感じで一杯やってから乗り継ぎます。
与論島までの道中ではこんな楽しみもあります。
[PR]

by yoronto | 2005-07-30 07:44 | それ以外
<< サトウキビ畑 亜熱帯植物 >>