我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

東京オリンピックの年、私はこの島で生まれた

e0032991_16311034.jpg
1964年6月23日
これは私の誕生日です。
歴史を遡れば、この年には東京オリンピックが開催され、以後日本は高度経済成長の道を歩み始めたのだとか。
私の記憶するところ、12名もの大家族が同居するヨロン家が棲む与論島は、そういった景気の恩恵を受けることもなく、島民は相変わらず貧乏暮らしをしていたように思います。

我がヨロン家は貧乏ではありましたが、口うるさく、子供たちをこき使う両親のもと、ある時は戦争状態、ある時は一致団結し逞しく暮らしておりました。
家族構成は、祖母1名、両親2名、子供たち9名の計12名。
子供たちの構成を分解すると、男5名、女4名。
両親様、よくぞこんなにバランスよく産んでくれました。
ちなみに、私は7番目に位置し、妹と弟が1名ずつおります。

まぁ、そんなわけで私は、鹿児島県最南端の島与論島で生まれ、地元の高校を卒業し東京の大学に進学するまでの18年間をこの島で過ごしました。
私は今41歳なのですが、既に島で暮らしていた年月より長い年月を島以外で送っています。
最近なぜか、「自分の生き方の原点は故郷にあるのではないか」、「私の魂は遠く離れたこの島にあるのではないか」、そんなことをよく思うのです。
このブログでは、徒然なるままに私の故郷である“与論島(ヨロン)”に関することを書き綴っていこうと思います。
[PR]

by yoronto | 2005-07-23 15:35 | それ以外
<< 魂の島