我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【与論島再生のアイデア(55)】外国語で島のPRをしてはどうか

<某国日本大使館の関係者たちと>
e0032991_11253849.jpg

<某国大手自動車メーカーの関係者たちと>
e0032991_11261033.jpg

今、日本の各地域は外国人観光客の誘致に力を入れています。
その様子はメディア等を通じて頻繁に紹介されています。
ある民放のTV番組では、新潟県の湯沢町に住む一人のタイ人女性の活躍がこの地に多くのタイ人観光客を呼び込んでいると紹介していました。
(この女性のfacebookページ)
https://www.facebook.com/nikaido.pansana
この女性がインターネットを活用しタイ語で情報発信をしている様子が放映されていましたが、たしかに外国語で情報を発信すればその言葉がわかる国、地域の人にとっては訴求効果がありますね。
湯沢町では、訪れるタイ人がさらに町の魅力をPRするという好循環が生まれているようです。

インターネットが世界の隅々で利用されている現代において、インターネットの活用と同時に外国語を使って情報発信ができるのは大きなメリットがあります。 
「私、英語は苦手なんです」なんて言っている時代ではありません。
外国語は手段として当たり前に使いこなす時代になっています。
それこそ、与論島にいろんな国の人がやってきて、その人たちの国の言語で与論島の魅力を伝えてくれたら、外国人観光客の増加によって島の観光業は息を吹き返すような気がします。
私もこのブログを使って英語による情報発信を時々やってみようと思いますが、あなたも挑戦してみませんか?
[PR]

by yoronto | 2014-09-23 11:31 | 島の再生
<< Wow! What a bea... 【与論島再生のアイデア(54)... >>