我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【与論島再生のアイデア(47)】観光客誘致の対象は、台湾、東南アジアか

今、日本の企業は、反日ムードの強い中国や韓国よりも親日ムードのある台湾や東南アジアなどへの進出を加速させています。
これは観光産業も同じで、国の機関や観光業界もこれらの地域への働きかけを強めています。
与論島の観光業の発展を考えるなら、この流れに乗るほうが賢明でしょう。

以前勤めていた会社で、上司から半分冗談で「お前の故郷は、東京より台湾のほうが近いんだから就職する場所は台湾がよかったんじゃないか」と言われたことがありました。
その時は、「あはは、そうかもしれないですねー」と笑い話にしましたが、しかし、真面目に考えてみれば、地理上の位置からすれば一考に値しそうです。

世界的にみれば、経済の活力はどんどんアジアにシフトしており、その結果アジア諸国はどんどん豊かになってきています。
国民の生活が潤えば、それに伴って海外旅行を楽しむ人も増えてきます。
日本の歴史を振り返ればわかります。

与論島の観光客誘致は、かつての観光ブームもあり、本土からの観光客誘致がメインだったかと思います。
しかし、残念ながら、海外旅行が格段に安くなって気軽に行ける時代の今、かつてのような本土からの観光客誘致は期待できないでしょう。
これに対し、台湾、東南アジアなどのアジアの国々からの観光客は期待できます。
距離的に近い台湾の人々などには、南国与論島の自然はかなり魅力的なはずです。
観光産業に関わっている方々は、アジア諸国の旅行会社への働きかけ、島内での受け入れ準備(外国語の習得含む)、情報発信などに取り組んでみてはいかがでしょうか。
[PR]

by yoronto | 2013-09-24 10:49 | 島の再生
<< 2013年夏 郷里「与論島」の風景 与論島の各産業の将来を憂う >>