我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【与論島再生のアイデア(38)】本土の地域支援活動家たちとのネットワークを!

昨日、銀座でNPO法人『地域から国を変える会』(理事長 朝比奈 一郎、株式会社青山社中代表) の発足記念パーティがあり参加しました。
当会の理事長である朝比奈さんとは、彼が経済産業省勤務時代に主宰していた霞ヶ関を変革することを目的とする活動『プロジェクトK』の勉強会に参加した時以来の知り合いであり、今後の日本の方向性に影響を与えていくであろう彼の行動を注視したいということ、また、自分自身、地方出身者なのでこの会の趣旨と活動に興味があることの二つの思いで参加した次第です。

関係者の方、この会に賛同する方など、たくさんの方々が参加されていました。
参加者は、私の年齢以上の方は少なく、20代(大学生含む)、30代の方々が多い感じでした。
参加者のいろんな方々とお話をさせていただきましたが、皆さん、この国、日本を変えたい、日本全体を元気にしたいという熱い思いを持っており、中には実際の行動に移されている方もいて、何だかパワーを分け与えてもらったような気がします。
当会の顧問に就任されている慶応大学の上山信一教授や地域活性化の伝道師として知られる内閣府の木村俊昭氏のお話を聴いて、いかに地域活性化の取り組みが重要であるかを改めて実感しました。

この会に参加しての最大の収穫は、地域の活性化を通して日本を元気にしたいという熱い思いを持っている人たちと関係ができたことです。
こういう人間関係づくりは、地域の活性化を願い、活動している人にとってはとても重要なことと考えています。
懇親タイムでいろんな人に、与論島のことを話したのですが、皆さん、島の名前は知っていても、どこにあるのかその位置を知らない人がほとんどで、与論島を沖縄県だと思っている人もいました。

国の行政の中心を担う霞ヶ関官僚や地域活性化の活動をしている人たちでさえ与論島についての知識がないのが実状なので、与論島は井の中の蛙にならず、島外に向かってもっともっと情報発信をしていく必要がありますし、また、同時に、本土の地域支援活動家たちとのネットワークを広げていく必要があります。
かつて、観光ブームに沸いていた時代に比べ、与論島は知られない存在になりつつあるのでしょう。
島内関係者、島外に住む関係者は、島の活性化のために、積極的に動いて人のネットワークづくりに努めることが重要だと思うわけです。
[PR]

by yoronto | 2012-07-22 13:12 | 島の再生
<< 【与論島再生のアイデア(39)... 我ら元気印!、与論中学校同窓会... >>