我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【与論島再生のアイデア(35)】文化・芸術の町にしてはどうか

先日、あるTV番組でイタリアのどこかの小さな島が紹介されていましたが、その島には多くの芸術家たちが住み芸術活動に励んでいるそうです。
この番組を見て、ふと思い付きました。

与論島が今後目指す町づくりの方向として、自然保護と並んで
“文化・芸術”を柱にしてはどうか

女流作家の故・森瑤子は与論島を愛し、与論島を舞台にした小説を書き、与論島に別荘を建てて住んでいました。
与論島の自然・環境は、案外文化人や芸術家に好かれる面があるかもしれません。
文化・芸術的な発展なら工業・商業的な開発と違って自然を損なうこともないと思うのです。

具体的なアイデアとしては、例えば、
文化・芸術の新興を目的とするイベントを開催するとか、島外から芸術家を招聘して島内にある素材を使って芸術活動をしてもらうとか(絵を描く、彫刻など)、島に移り住んで文化・芸術活動をする人を支援するための制度をつくるとか。
そういうことに感化されて、島民にも文化的・芸術的センスが芽生えていくかもしれないし、、、いかがでしょうか?

e0032991_7125962.jpg

e0032991_711353.jpg

e0032991_712311.jpg

e0032991_7122685.jpg

[PR]

by yoronto | 2012-01-05 07:17 | 島の再生
<< 与論島で栽培が盛んな“ドラゴン... 与論島の昭和39年生まれ組、頑... >>