我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

南国与論島も、冬はやっぱり寒いのです

11月3日付の記事で、与論島へ旅するなら、“秋から冬”をお勧めしたいと書きましたが、一つ書き忘れたことがあります(ちょっとは書いたのですが)。

もし、その時期、本土は寒いのであたたかい南の島へ行こうと思って与論島へ旅するなら、ちょっと期待はずれということもあるかもしれません。
というのは、与論島の冬はけっこう寒い日も多いからです。

与論島は島全体の海抜が低いので、海から吹いてくる冬の冷たい風が島のいたるところに吹き付けるのです。
だから、外に出るとどこにいても風の冷たさを感じます。
しかも冬の風は強く当たるので余計寒さが身に沁みます。
もちろん、ポカポカ陽気であたたかい日もありますけどね。

与論島を知らない人から、「与論島は南国だから年中あたたかいでしょ?」とよく言われますが、先ほど言った通り、寒い日は寒く、へたをすればその日の天候によっては本土より寒い日だってあります。
まぁ、そんなわけで、与論島に南国トロピカルなイメージをお持ちの皆さん、与論島も冬はやっぱり寒いということを知っておいて下さいね。

e0032991_10103573.jpg

e0032991_1010503.jpg

e0032991_101158.jpg

e0032991_1011234.jpg

e0032991_10114929.jpg

e0032991_10121173.jpg

e0032991_10135863.jpg

e0032991_10142365.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-12-01 10:16 | 島の見所
<< 【与論島再生のアイデア(30)... おい、その島は与論島の領土だぞ! >>