我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【与論島再生のアイデア(24)】与論島民に本を読んでもらう仕掛けをつくろう

私は小学生の時から本を読むのが好きでした。
小学生の時はよく図書館を利用していました。
中学生、高校生の時は本を読むペースが落ちましたが、大学生の時は1日1~2冊のペースで読んでいました。
最近では読書量がすっかり落ちてしまいましたが、20代、30代の頃は1週間に2、3冊程度は読んでいたような気がします。

私の文章力、表現力などはそういった過去の読書によって培われているのは間違いありません。
自分の経験上からも言うのですが、読書は考える力を高め、文章力、表現力をつけてくれます。
このことは私だけでなく、多くの人が指摘しています。

昨今、本を読む人が減っているといわれています。
極端な例では、1年間を通してほとんど読まない人もいるとか。
こういう話を聞くと、「日本の将来は大丈夫か?!」と心配になってきます。

ネットの普及のおかげで情報は簡単に入手できるようになりましたが、情報を収集し活用するには思考力が必要です。
自ら情報を発信する時も情報を収集する時も思考力は必要です。
考えて発信する、考えて収集する、この時の考える力が物事の良し悪しや効果に影響を与えます。
こういう考える力は、頭が柔らかい人、若い人ほどスムーズに身につきます。
それを助けてくれる最適なツールが読書なのです。
昔も今も将来も、思考力を鍛える上で読書が重要であることは変わらないでしょう。

経済が衰退し、島民人口のさらなる減少が懸念される与論島において、島を再生し、島を元気にしていくには、今後の与論島をどうやって盛り上げるかについて“考える力”を持った人が増えることがポイントになります。
そういった人を増やすため、私はこう提言します。

与論島民に本を読んでもらう仕掛けをつくろう

家庭の環境も重要でしょうし、学校の環境も重要でしょう。
仕掛けについては、考える力があればいろんなアイデアが出てくると思います。
与論島には町立の図書館もあります。
帰省する度に図書館に足を運んでみるのですが、私が行った時だけなのか職員以外の人をほとんど見かけませんでした。
与論島の皆さん、本読んでますか?

e0032991_747825.jpg

e0032991_7472733.jpg

e0032991_748385.jpg

e0032991_7482283.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-11-10 07:54 | 島の再生
<< 【与論島再生のアイデア(25)... 与論島のギリシャ化? >>