我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【与論島再生のアイデア(23)】もっともっと与論島からの情報発信がほしい!

e0032991_11592293.jpg

与論島関係者に頑張っていらっしゃる方がおり、『シマログ』というサイトを立ち上げ与論島関係のブログを集めて一覧化したり、与論島関係の情報を発信されているので同サイトをいつも参考にさせてもらっています。

特にいろんな方が書かれているブログは楽しみの一つです。
私は現在は故郷を離れて暮らしているので、島民の方が発信される情報は最新の与論島情報を知る上で大いに役立っています。

ただ、ちょっと残念なのは、そういったブログをつくって自ら情報を発信している与論島民、関係者が少ないこと。
現時点では私はこのシマログからの情報ぐらいしから知らないので、実際は他にもブログをやっている人は存在するのかもしれませんがね。

私はネットマニアみたいなところがあるので、個人でもブログを6、7つほどやっていたり、SNSも複数、またtwitterなどもやっていて、とにかくいろんなところで書き込みをし、与論島に関する情報発信をしています。
余談ですが、東京の新橋などでは夜の街を飲み歩きながら、自らを“ヨロン”と名乗って与論島の観光大使よろしくPRに努めてきました。

そんな私から見ると、ITがこれだけ進んだ環境にあって、与論島からの情報発信が感触として少ないような印象を受けています。
与論島の魅力を世の中に伝えるためにも(伝われば伝わるほど、観光客や移住者の増加にもつながる)、もっともっと与論島からの情報発信がほしいと思っています。
与論島民の皆さん、関係者の皆さん、期待していますよ~。
[PR]

by yoronto | 2011-11-07 12:01 | 島の再生
<< 与論島のシマンチュ、タビンチュ... 【与論島再生のアイデア(22)... >>