我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

与論島へ旅するなら、“秋から冬”をお勧めしたい

いろんな人からよくこんな質問を受けます。
与論島へ旅行するとしたら、時期はいつ頃がお勧めですか?」と。
かつては、「行くなら、春から夏にかけてあったかい時期がお勧めですよ」と答えていました。
南国といえばやはりトロピカルなイメージが売りなので自然にそう答えていました。

かつての観光ブームの時にもほとんどの観光客は夏場に集中していましたからね。
青い海に入って海水浴を楽しむ、白い砂浜に寝転がって照り付ける太陽の光を浴びて肌を小麦色に焼く、まぁそれが島を訪れる観光客の目的だったのでしょう。

しかし、今の私なら同じ質問を受けたとしたら、“秋から冬”をお勧めします。
もちろん、春から夏にかけての時期もお勧めではありますが、私はあえて秋から冬をお勧めしたいですね。

その理由は、、、
・観光客の姿がほとんどなく、島民もあまり動き回っていないので島全体が静かです。
・海岸に人影が少ないので、海やあたりの風景を眺めながら自分だけの世界に浸れます。
・どんよりした空、肌寒い気候が南の島の違う面を見せてくれます。

といったことでしょうか。

静かな環境の中で静かな旅を楽しんでみたい方は、秋深い時期から冬にかけて(10月~2月頃)旅してみてはいかがでしょうか?
ちょっと変わった与論島の旅ができるかもしれません。

e0032991_1247366.jpg

e0032991_12472372.jpg

e0032991_12474585.jpg

e0032991_1248519.jpg

e0032991_12482157.jpg

e0032991_124853100.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-11-03 12:52 | 島の見所
<< 親は、子供に与論島の方言(言葉... 【与論島再生のアイデア(2)-... >>