我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

【与論島再生のアイデア(10)】華僑、和僑のごとく“与僑”のネットワークを!

長期にわたり海外に居住する中国人およびその子孫によってつくられているネットワークを“華僑”と呼び、このネットワークによって世界で中国が大きな影響力を持っていることはよく知られています。
国によっては、華僑のネットワークがその国の政治経済を動かすまでの力を持っているところもあるほどです。
この中国人パワーにならい、日本人のネットワークを強めようと“和僑”なる言葉まで生まれています。

同じ民族のつながりというのは強い力を生み出します。
民族という大きなくくりでなくても、例えば、日本国内でも県人会など同じ郷土の人たちが集まって交流を深めネットワークをつくっています。
与論島出身者も同様のことはやっており、島外のあちこちで与論島出身者のつながりができています。
私が住んでいる東京にも正式な団体があり、また東京在住の同級生などの集まりはしばしばあります。

私はね、こういった島外の与論島出身者同士のネットワークは与論島の発展にとって大いに役立つと考えているんです。
そして、この島外のネットワークと島内のネットワークが連携すればさらなる効果が期待できます。
私は、こういう与論島出身者のネットワークを華僑、和僑にならい、 “与僑”と呼びたいと思います。
今はネットなど便利なツールも活用できるので(既に活用されていますが)、与僑のネットワークを拡大していけるでしょう。
今後の与論島の発展を考える時、この与僑のネットワークとパワーを大いに活かすことを考えたほうがいいかもしれません。
[PR]

by yoronto | 2011-10-17 08:34 | 島の再生
<< 【与論島再生のアイデア(11)... 我が故郷与論島の若者よ、大志を抱け >>