我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

与論島の海岸と湘南の海岸を比べてみよ、一目瞭然だ

与論島で暮らしていた頃、TVを通して知った“湘南”に憧れていました。
東京などの大都市に住む人が大挙して押しかけ賑わう海岸、サザンオールスターズの歌にも登場する海岸、とてもいい雰囲気の海岸、それが私が湘南の海岸を知らない時のイメージでした。

東京に上京してしばらくの後、その湘南を一目見んと出掛けました。
そして、湘南の海岸に着いた時、私が見たものは、、、
灰色の、というより黒ずんだ感じの砂浜、多くの人々によって踏み荒らされた砂浜、どす黒い色に見える海、海岸に打ち寄せる荒々しい波、たくさん建ち並んだ海の家など、そんな光景が目の前に広がっていました。
正直言ってガッカリしました、これがあの夢にまで見た湘南なのかと。

それまで与論島の海岸しか知らなかった私にとって、砂浜は白いもの、海岸に打ち寄せる波は穏やかなもの、そして、海岸には景観を壊すような建物などはあまりない、それが海岸のイメージだったのです。
私は湘南の海岸を自分の目で見て以来、与論島の海岸は、海は、砂浜は誰にでも自慢できるもんなんだと確信しました。
地理的なもの、環境的なものはどうしようもないので、湘南を楽しまざるをえない人々には申し訳ない気もするのですが、本当にそう確信したのです。

与論島民が誇っていい美しい与論島の海岸、海、砂浜。
ただ、これは大事にし、守らなければいつしかその美をなくしてしまうかもしれません。
海外にゴミを捨てたり、放置して汚したり、海岸に流れ着いたゴミや瓦礫などをそのままにしては誇れるものを失ってしまいかねません。
他人事だと思わず、島民一人ひとりが島が持っている大切なものを守ろうと心掛け、行動することが大事です。
都会で長く暮らせば暮らすほど、与論島の海岸、海、砂浜は本当に素晴らしいなぁ、島の宝だなぁと思う今日この頃です。

e0032991_103378.jpg

e0032991_1034476.jpg

e0032991_1041316.jpg

e0032991_1043163.jpg

e0032991_1044939.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-10-07 10:09 | 島の見所
<< 【与論島再生のアイデア】島民の... どうするんだ、どうするべきか、... >>