我が魂の島ヨロン島 The Soul Island "Yoron"


本名:竹内富雄。1964年、東洋の真珠“与論島”で生まれ育つ。私の原点と魂は今もなおこの島にある。 I was born in the small island in Japan.The name of this island is "Yoron" where is very beautiful.
by yoronto
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
最新のトラックバック
まぐぞう図書館(増設中)
from (まぐぞう)情報屋は稼げる!..
相模原駅伝(* ̄∇ ̄*)
from かみむの神への道!
とっても久しぶりの海
from シュンスケといっしょ
Ϳʥ
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
信号機
from 自動車が趣味!
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

与論島の人々が今も大事にする、“誠打ちじゃしょり”の精神

小学生の頃、校長室のある校舎の前に、“至誠”という文字が彫られた記念碑が建っていました。
その後、小学校の校舎は建て替えられましたが、この言葉は新校舎にも引き継がれました。

誠の心、そう、これは与論島の人々が昔から大事にし、今なお大事にしている精神です。
かつて与論島は極貧の島でした。
そんな貧しく何もない島で島民たちを支えたのがこの精神でした。

古くから伝わる民謡にこんな一節があります。

打ちじゃしょり 打ちじゃしょり 誠打ちじゃしょり 誠打ちじゃしば 何恥じかちゅんが

(意味:出しなさい 出しなさい 誠の心を出しなさい 誠の心を出したなら 何も恥ずかしいことはありませんよ)

誠実さというのは世界中どこの国でも通用するでしょうし、この精神を大事にするところが人類の人類たる所以かもしれません。
私は与論島で生まれた人間の一人として、先祖から受け継がれたこの“誠打ちじゃしょり”の精神をいつまでも大事にしたいと思います。

e0032991_842789.jpg

e0032991_842325.jpg

[PR]

by yoronto | 2011-09-16 08:46 | 島の人々
<< 「与論献奉」、その恐るべき儀式... 与論島の男女交際は、夜這い(よ... >>